健康経営優良法人を助成金で取得する

無料個別相談は随時受付中
健康経営 無料個別相談はこちらから

健康経営とは

「健康経営」とは、企業が従業員の健康に配慮することで、経営面においても大きな成果が期待できるという考えのもと、従業員の健康管理を経営的視点から考え戦略的に実施することをいいます。

経済産業省では、そうした企業の取り組みを促進するため、健康経営評価制度を設けています。
   経済産業省のHPはこちらから

健康経営に取り組む優良法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから社会的に評価を受けることができる環境整備を目指しています。

中小企業にとっては、ハードルが高く感じる健康経営を取り組みやすくするために健康経営プロジェクトがあります。

健康経営プロジェクトとは?

健康経営プロジェクトとは、
健康経営優良法人認定取得従業員様の心身の健康増進サポート助成金を活用
がパッケージとなったサービスで、助成金によって費用軽減ができます。

健康経営プロジェクトの大きなメリットは

  • 1.経営者+従業員1名の企業から申込できる
  • 2.複雑な申請書等の作成の手間が殆ど掛からない
  • 3.助成金によって費用が軽減できる。実質0円になるケースも!

それぞれのメリットについては後ほど詳しくご説明します。
対応エリアは、日本全国です。
このメリット享受できるのは、お申込が2023年6月末までです。

  • 健康経営優良法人の認定を取りたい
  • 従業員のためになる取組をしたい
  • 助成金を活用して財源を確保しながら、採用や人材育成、福利厚生を充実させたい

とお考えの経営者様に、強くおすすめします。

無料個別相談は随時受付中
健康経営 無料個別相談はこちらから
無料個別相談は随時受付中

健康経営を経済産業省が推し進める理由

少子高齢化

今後50年で労働人口は4割減と試算されています。
高齢化が進むと、医療・介護費・社会保険給付費が120兆円を上回る膨大な額になるため「健康寿命の延伸」が国家課題になっています。

若者の人口が減り、労働人口が減少する中、国民の平均寿命の延伸に対応して、「生涯現役」を前提とした労働・経済社会システムの再構築が必要に迫られています。

少子高齢化社会

健康経営と労働市場の関係

就活生及び就活生を持つ親に、就職先に望む勤務条件についてアンケートを実施した結果、
就活生は「福利厚生の充実度」・「従業員の健康や働き方への配慮」との回答が4割を超え、
親では「従業員の健康や働き方への配慮」・「雇用の安定」が4割以上を占める結果となっています。

このことからも、新卒者や若年労働者を採用するためには、健康経営は欠かせません。

健康経営と就活生が望む条件

人的資本への投資

健康経営とは、従業員の健康保持・増進の取組が、将来的に収益性等を高める投資であるとの考えの下、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践することです。

企業が経営理念に基づき、従業員の健康保持・増進に取り組むことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や組織としての価値向上へ繋がることが期待されています。

健康経営優良企業の認定を受ける3つのメリット

企業信用力のアップ

経済産業省HPに自社名が健康経営優良法人として掲載されます。
(日本経済新聞にも掲載されました、また今後継続的に情報発信をされます)

名刺・HP・自社商品・各種販促物に健康経営優良法人のロゴマークが記載できます。

SGDs「#3すべての人に健康と福祉を」「#8働きがいも経済成長も」が宣言できます。

生産性がアップし、取引先から選定されやすくなります。
(認定取得していないと取引されないことも)

求人力のアップ

労働市場での評価が向上します。

求人広告、リクルートページに健康経営優良企業認定を訴求でき、他の企業と差別化ができます。

ハローワーク求人票にも特別欄があり、紹介数の増加に繋がります。

外国人採用もカテゴリー1の上場企業並みになり、ビザの通過率UPや申請工数削減などの優遇が受けられるようになります。

金融機関・官公署等からの評価アップ

融資の際の優遇、従業員向けのローンの金利優遇などが受けられます。

また、一般競争入札・公共調達で加点項目にもなります。

健康経営導入後の変化
無料個別相談は随時受付中
健康経営 無料個別相談はこちらから
無料個別相談は随時受付中

健康増進サポートの活用による3つのメリット

投資効率が高くなる

従業員の健康面に配慮することは、人的資産に投資することであり、経営的には大きなリターンが得られます。 

健康経営で先行する米国では、健康経営への投資対効果は3-5倍という研究結果が発表されています

健康経営の投資効果

営業利益率が高くなる

475社のデータから、健康経営に対する取り組みを開始した後、営業利益率は高くなる傾向にあることがわかりました。

健康経営導入後の営業利益の推移

人材の定着率が高くなる

定着率は全国平均の3倍です。全国平均の離職率11.6%に対し、健康経営優良法人取得企業は3.8%。
優秀な人材が定着し、新卒者・若年層の採用がしやすくなります。

健康経営優良企業の定着率

パワハラ防止法により、企業(事業主)は職場におけるパワーハラスメント防止のために、雇用管理上必要な措置を講じることが義務となります。

ハラスメント相談窓口等の活用で従業員へのパワハラへの意識が高まり、ケアや再発防止にも役立ちます。

従業員満足度が高くなる

オンライン診療、健康相談窓口、ハラスメント相談窓口、個別ティーコーチング、栄養士食事サポート、動画視聴など、好きなコンテンツが随時利用できます。

これらを利用することで心身ともに健康になり、労働意欲も高まります。

従業員満足度を高めることによって。労務リスクが起こる確率そのものを下げることができます。

健康増進サポートの活用
無料個別相談は随時受付中
健康経営 無料個別相談はこちらから
無料個別相談は随時受付中

健康経営プロジェクトの大きな3つのメリット

1.経営者+従業員1名の企業から申込できる

経営者の他に従業員が1名以上いる会社であれば、お申込ができます。
(申し訳ございませんが、個人事業主の方は対象外となります)

ただし、条件が4つあります。

 ①雇用保険加入の従業員が1名以上

 ②社会保険料の未納がない

 ③従業員様が健康診断を受けているもしくは受ける意思がある

 ④過去半年以内に「会社都合」の解雇がない 

2.複雑な申請書等の作成の手間が殆ど掛からない

通常では、下図のように

協会けんぽ支部や健康保険組合連合会支部が実施している「健康宣言」事業に参加し、

自社の取組状況を確認し、中小規模法人部門の認定基準に該当する具体的な取組を申請書に記載して

日本健康会議認定事務局へ申請し、認定審査を受けて、日本健康会議において認定されます。

この面倒な手続きを全て社会保険労務士が代行します。
東京都の銀の認定の手続きも代行します。

経営者様には、お申込書に記載していただき、1~2時間のヒアリング等をお願いするだけです。

健康経営優良法人認定フォロー

3.助成金によって費用が軽減できます。

通常は、健康経営優良法人に認定されるには、コンサル費用として60万円~100万円の費用がかかります。さらに社会保険労務士への手数料も必要です。

しかし、健康経営プロジェクトでは厚生労働省の助成金を利用するため、費用が軽減できます。 また、実質負担金が0円になるケースもあります。
(助成金の種別や採択率によって負担金額は変わります)

ただ、条件があります。

雇用保険加入の従業員様に通算5日間の特別休暇(有給)を連続または断続で取得していただく必要があります。

健康経営プロジェクトのお申込期間

康経営プロジェクトは、2024年8月末日までのお申込で、健康経営優良法人の登録は2025年3月の予定です。(東京の企業様は、銀の認定がありますので、さらに8ヶ月認定時期が伸びます)

経産省が目標としているのは、2025年までに健康経営優良法人を10万社にしようとしています。

2022年度で14,858法人が認定されています。経産省は、健康経営優良法人を加速度的に増やそうとしているため、今後は申請件数が増えていくことが予想されます。

そのため今回のような好条件で申請できるのは2024年8月が最後のチャンスかもしれません。

健康経営プロジェクトの個別相談

健康経営プロジェクトにご興味のある経営者様は、オンラインの無料個別相談をご利用下さい。
さらに詳細な資料を使って、詳しくご説明申し上げます。

オンライン無料個別相談は、随時行います。ご都合のよい日時をお選び下さい。

無料個別相談のご説明でご納得いただけた場合に、健康経営プロジェクトを運営している会社にご紹介致します。

お申込みは、下のフォームよりお願いいたします。

健康経営プロジェクト 個別相談お申込みフォーム

    は必須項目です。

    個別相談のご希望日時を選択して下さい。

    ※送信内容をご確認の上、下記にチェックを入れて、送信ボタンを押して下さい。

    個人情報保護方針について承諾する。

    プライバシーポリシー

    ※個人情報保護について
    お申込みいただいた個人情報は、厳重に管理し、当社が定めるご案内目的以外、法令に定める場合を除き、個人データを事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。